【Unity】JSONデータをセーブ・ロードしたい!【超簡単】

Unityで最も簡単なデータの保存はPlayerPrefsを使うことだと思います。

たとえば、ハイスコアの保存なら、
【PlayerPrefs.SetInt(“HighScore”, highScore);】
のような形で登録できます。

そして、取り出すときは、
【PlayerPrefs.GetInt(“HighScore”);】
こんな感じで実装できます。

“HighScore”の文字列をキーワードにして、データをやりとりしているわけです。

さて、では本題に入りますね!

この記事を見ている……ということは、もうちょい複雑なセーブ機能が欲しいひと、だと思っています。
そうですよね……?(; ・`д・´)ゴクリ

前述のやり方を、パワーアップさせます。

具体的には、JsonUtilityを使います。こちらもUnity標準機能!

Jsonってなんでしょう……。ホッケーマスクと斧は関係ないです(>_<)

Jsonは「クラス構造を文字列に変換したもの」と認識してください。以上っ!

それでは、いよいよスクリプトのご登場です。

上記のスクリプトが全てです。

使い方はスクリプト参照。

SaveData.csに任意の変数を入れて、それをJsonに変換してPlayerPrefsに保存。

とてもシンプルです。あ、クラスのみんなには内緒だよ☆

たぶんお仕事だと怒られると思う。ていうかローカルに保存しないか……。

PlayerPrefsって名前の通り、プレイヤーの設定を保存するのが主だと思ってます。

簡易的な設定を保存するにはめっちゃ便利なやつなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。